So-net無料ブログ作成

ズバット車買取比較

ホンダフリード 価格 [新型フリード 価格]

 新型フリードの価格ですが、フリードは188万~272万8200円(税込)、フリードプラスは190万~274万8200円(税込)だそうです。
 フリードが3列シートなのに対して、フリードプラスは2列シートなので、その分、フリードプラスの方が安くなりそうですが、逆なんですね。

 それに、ネットのニュースを読む限り、実はホンダがウエイトもコストも知恵もかけて作ったのは、フリードプラスの方なんですって。
 それで2万円の差なら、もし3列目シートが要らないという場合であれば、フリードプラスの方が絶対にお得ということですね。

 さらに個人的な意見を言えば、ホンダのミニバン、ステップワゴンが228万8000円から設定されているのに、フリードがこれだけ売れているとなると、ステップワゴンのデザイン的な不人気もあるのかもしれませんが、やはり、価格よりも「ちょうどいいサイズ」というところに魅力を感じる方が多いのかもしれないなぁ。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

新型フリードプラスパーツ [新型フリード エアロ]

 人気のある車の宿命かもしれませんが、街中には同じ車があふれて、個性が埋没してしまうんですよね。

 車のタイプからしても完全なファミリーカーですし、とてもいい車なのですが、何かそのまま乗るのはちょっと嫌だなぁという感覚は、男性なら多かれ少なかれあるのではないでしょうか?

 少しでも差別化して、個性を出したい場合には、やはりエアロパーツなどでドレスアップするのがいいと思います。純性のモデューロでもいいのですが、もっと派手に個性と先進性を出したい場合なら「無限」のパーツを検討するのもいいみたいですよ。

 詳しくは、こちらが無限のフリード/フリードプラスのスペシャルページになりますので、チェックしてみてください。

http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED%20FREED+/index.html



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

新型フリードとシエンタ 車中泊に向いているのは? [新型フリード カタログ]

 新型フリードで車中泊に向いているのは圧倒的に3列目シートのないフリードプラスなんだそうですが、シエンタとだったらどちらがいいのか調べてみました。

 どちらもフルフラットになるのは同じなんですが、違うのはその位置のようです。

 シエンタの場合は、2列目がタンブルシートなので、2列目をタンブルして3列目シートを格納することでフルフラットになるのですが、これだと低い位置でフルフラットになるんですね。
(こんな感じです。↓↓↓)


af8b5af83d2a3262cf0e9f8d300ec360_rsz.jpg


 これは好みの問題もあるかとは思いますが、頭上スペースはゆったり取れるのですが、逆に荷物スペースがありません。

 比べてフリードプラスはラゲッジスペースが2段になっているので、上の段にマットを敷いて、下の段は荷物スペースにすることができます。

 私の好みでいうと、シエンタのゆったりした頭上スペースは無用のもので、デッドスペースでしかありませんので、荷物を収納できるフリードの方がいいですね。

 もちろんこまごました荷物はそれほどなくて、例えば1列目シートに置いてしまえるという方ならシエンタもありだと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

新型フリードのエアロ画像 [新型フリード 画像]

 ちょうどいいサイズの新型フリードはまさにファミリーカーの典型ですが、それなりに個性は欲しいと思うんですよね。ちょっとしたスポイラーを付けただけでも気分は変わるんです。

 この辺は男性なら共感していただける部分ではないかと思いますが、逆に女性には理解不能な部分かもしれません。

 どうしてもエアロパーツを付けたい男性が女性を説得したいなら、比較的派手なゼウスではなく、ホンダ専門のアフターパーツメーカーである無限にすれば、少し落ち着いた感じになりますので、説得しやすくなるんじゃないかな。

 どんな風になるか、画像を見せて説得するなら、こちらになりますよ。

http://www.mtec-power.com/automobile/products/freed/gallery/index.html



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

新型フリードプラスの車中泊グッズ [新型フリード カタログ]

 新型フリードプラスには色々な純正車中泊グッズが用意されていますね。詳しくは、こちらのホンダアクセスのサイトに専用ページが用意されていますので、ぜひご覧になってください。

http://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/recommend/#outdoor

 完全なフルフラットという意味では、前モデルのフリードスパイクの方がいいなんて書いてあるサイトもありましたが、この画像を見る限りではフリードプラスでもぜんぜん問題ないんじゃないかな。このマットだけで十分な気がします。
 しかも、下段のスペースには結構入りそうです。車中泊ならこれは絶対必要ですよね。

 あと、着替えルームというのはハスラーのパクリかな?(笑)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。